English
English
English

ラボ・キゴシについて

1970年代は、靴のファッション化が最も進んだ時代。ラボ・キゴシは、その時代をリードする存在として活躍を始めました。
当時の靴は流行を意識して作られていましたが、”ブランド”という考え方はありませんでした。
そんな靴をトータル・ファッションの中にきちんと位置付け、明確なコンセプトの基に企画・デザインし、靴をファッション・ブランドとして打ち出す。 その流れの先頭を切ったのが、ラボ・キゴシです。
スタート当初、工場は持たないが企画力を有し自らのブランドを製造・販売する新しい企業形態として、業界では「企画問屋」と呼ばれましたが、現在は直営工場も持ち、全国の有力専門店の他、著名百貨店内にインショップやコーナーを持ち、100%オリジナルのブランドを製造・販売しております。

ラボ・キゴシのこだわり.

ラボ・キゴシは創業以来、ファッションを追求し続けています。
しかし、単にファッションではなく、靴のファッションです。靴は、ファッションの一部ですが、その主体である服とは全く異なる、靴独自の製造工程を経て生まれます。 靴のファッションを追求するラボ・キゴシは、ファッションと同等に靴の独自性、すなわち靴の作りにこだわっています。作りへのこだわりとは、数十工程にも及ぶ一つ一つの工程をおろそかにしない。そして各工程において意味を持つ、一つ一つのパーツを品質を吟味ということに他なりません。
例えば足にフィットするということは、靴の基本を構成する条件ですが、これは踵の部分に入っているパーツの品質、またそのパーツが確実に足の踵をつかまえられるように、靴に装着されているかに大きく関わります。 これはほんの一例。ヒール、ソールなどすべてのパーツが、靴を靴として成り立たせるための意味を持っています。 その意味を追求するのが、ラボ・キゴシの作りへのこだわりであり、それと同等にファッションを追求するのが、ラボ・キゴシの哲学。 そこに靴としての存在感を持った、靴のファッションが生み出されます。

SAYA ブランドコンセプト

デザイン性と機能性。それは、靴をデザインする上での大きなファクター。 しかし、機能を大事にするとデザイン性は落ちる。 デザイン性を追求すると機能が損なわれる。靴のデザインにおいてこの2つのファクターは、得てして相容れません。 それを両立させたのがSAYA。 そして両立のコンセプトが「機能をデザインする」 靴は、歩く道具です。 その道具に必要な機能を満たすための素材、製法を吟味、決定。 その素材、製法が生きるデザインを考えます。 そこに生まれたのが、SAYA。 快適に歩け、美しく装える「靴」です。

2016-17 Autumn & Winter

Works ブランドコンセプト

現代女性にとって「歩くこと」は、ライフステージを構成する欠かせない要素。 そのシーンをリファインするのが、RABOKIGOSHI works。
「働く」とは、「知性」と「行動力」の融合。「知性」を表現するキーワードは「オーセンティック」 「オーセンティック=本物」は、時に淘汰されることなく今も存在するものであり、それは、知性の営みの証であるから。 そして「行動力」とは、時代感の表れである「モード」 現代女性の知性をモード感で演出、躍動感のある知性に変える靴。 それが、RABOKIGOSHI worksです。

2016-17 Autumn & Winter

INDIVIDUAL ブランドコンセプト

INDIVIDUALは気取ることのないシンプルで自然体なリラックスエレガンススタイルのファッションアイテムとして履く人の魅力を引き立てることのできる靴です。足の内部のアーチに着目し、機能とデザインのバランスを重視した独自のフォルムにソフトで上質な革を纏い、こだわりのディテールやライン、独特のフィニッシュを繊細に積み重ねることで成り立ちます。その確かな存在感は洗練された大人の女性をシックにフェミニンに演出します。

2016-17 Autumn & Winter

TACCO ブランドコンセプト

"tacco" (タッコ)とは、イタリア語で"heel"(ヒール)という意味。
ヒールのあるパンプスは、女性にとって普遍的なもの。脚が一番きれいに見えるし、女性の内面的な美しさを表現する。 それぞれのシーンを演出して、気持ちを盛り上げてくれるツールでもあります。女性のライフスタイルには欠かせないアイテムと言っても過言ではありません。バッグも同様、女性のヒールパンプスの様な存在になりたいという気持ちから taccoと名付けました。
ヒール同様、機能面だけでなく女性の内面的な美しさを演出してくれるバッグ。トータル・コーディネイトのバランスを考え、デザインし過ぎない柔らかなフォルムを基本にカジュアル、スポーツ、そしてエレガンスな物づくり。 生産はバッグの本場イタリア。taccoのメーカーはマルケ州に位置します。 マルケ州はアドリア海に面した風光明媚な土地柄とワインに代表される豊富な食文化で有名な地域です。同時に靴造りなど革製品の産業が盛んで、イタリア中部特産の質の高い素材を活用した製造を行うメーカーが多くあります。
伝統を守り育てる意識と、トレンドを加味し革新する意識の両方を兼ね備え、得てして手作りの味への情熱が色濃く受け継がれています。 RABOKIGOSHIオリジナル"tacco"のバッグは、そんな職人が一点一点丁寧に造ります。

2016-17 Autumn & Winter

RABOKI COLLECTION ブランドコンセプト

MADE IN JAPANにこだわる私達のオリジナルブランド。
上質なモノを造るには、目が行き届く生産背景で無ければならない。そう考えるからです。 raboki collectionは、MADE IN JAPANにこだわる我々だからこその、新しいインポートの提案。 本質を追求した素材、ディティル、カラーリング。を重視し 既存にはない独特の遊び心と感性を大切にした、新感覚でデイリーなアイテム。 raboki collectionとフィーリングの合うデザイナーやブランドとのコラボレーションした商品群。 今までの固定観念から逸した、新しく、魅力溢れるアイテム。 それは大人の遊び心と自らのスタイルを大切にする方へ向けた、ラボ・キゴシからの提案です。

2016-17 Autumn & Winter