会社情報
ラボキゴシについて
1970年代は、靴のファッション化が最も進んだ時代。 ラボキゴシは、その時代をリードする存在として活動を始めました。
当時の靴は流行を意識して作られていましたが、“ブランド”という考え方はありませんでした。そんな靴をトータル・ファッションの中にきちんと位置付け、明確なコンセプトの基に企画・デザインし、靴をファッション・ブランドとして打ち出す。
その流れの先頭を切ったのが、ラボキゴシです。
スタート当初、工場は持たないが企画力を有し自らのブランドを製造・販売する新しい企業形態として、業界では「企画問屋」と呼ばれましたが、現在は直営工場も持ち、全国の有力専門店の他、著名百貨店内にインショップやコーナーを持ち、100%オリジナルのブランドを製造・販売しております。


ラボキゴシのこだわり
ラボキゴシは創業以来、ファッションを追求し続けています。
しかし、単にファッションではなく、靴のファッションです。靴は、ファッションの一部ですが、その主体である服とは全く異なる、靴独自の製造工程を経て生まれます。

靴のファッションを追求するラボキゴシは、ファッションと同等に靴の独自性、すなわち靴の作りにこだわっています。作りへのこだわりとは、数十工程にも及ぶ一つ一つの工程をおろそかにしない。そして各工程において意味を持つ、一つ一つのパーツを品質を吟味ということに他なりません。
例えば足にフィットするということは、靴の基本を構成する条件ですが、これは踵の部分に入っているパーツの品質、またそのパーツが確実に足の踵をつかまえられるように、靴に装着されているかに大きく関わります。

これはほんの一例。ヒール、ソールなどすべてのパーツが、靴を靴として成り立たせるための意味を持っています。
その意味を追求するのが、ラボキゴシの作りへのこだわりであり、それと同等にファッションを追求するのが、ラボキゴシの哲学。そこに靴としての存在感を持った、靴のファッションが生み出されます。

アクセスマップ
株式会社ラボ・キゴシ
〒111-0024
東京都台東区今戸2-9-6
TEL(03)3876-2401
FAX(03)3873-9234

【お問い合せ】

お取引や全般については
raboki@raboki.co.jp 
まで

商品については
webstore@raboki.co.jp
までお問い合わせください。

※メールソフトが起動します
オフィス外観

ショールーム
SAYA ショールーム
SAYA
RABOKIGOSHI works ショールーム
RABOKIGOSHI WORKS
INDIVIDUAL、absolute、ecno
INDIVIDUAL , na:fan , TACCO

サイトのご利用について

本ウェブサイト上の文書、画像に関する著作権は、特別の記載がない限り、すべて弊社に帰属します。本ウェブサイトをご利用いただく際には、非営利目的およびお客様内部でのご使用に限り、これらの文書、画像を複製することができます。

文書に弊社の著作権が表示されている場合は、当該著作権の表示を付したまま複製していただくことが必要です。
営利目的による複製、あるいは翻訳、有線送信等、上記以外の著作権法上のご利用はできませんので、ご注意下さい。